サービス

特別養護老人ホーム光の丘

 入所できる方は、要介護認定3~5で、常に介護を必要とし在宅での介護が困難となった方です。
 施設では、入所者の立場に立ったサービスに努め、介護に対する意向と状態に応じたサービス計画に基づいて、可能な限り在宅復帰を念頭におき、入所者がその有する能力に応じ自立した生活を営むことを目指しています。入所順位は、原則、埼玉県特別養護老人ホーム優先入所指針に基づき行っております。

ケアハウス光の丘

 ケアハウス(軽費老人ホーム)とは、自炊ができない程度の身体能力の低下等が認められる方、または高齢のため独立して生活することに不安がある方(その他の日常生活の維持は可能な方)が利用できる施設です。年齢は60歳以上の方です。ただし配偶者が60歳以上であれば、この限りではありません。受けられるサービスは、食事、入浴、各種相談などです。
 また、緊急時の対応やご家族への連絡調整も行います。自立した生活を出来るだけ永く続けて頂けるように支援いたします。

光の丘(短期入所生活介護)

 利用者の身体能力に応じ、自立した生活を営むことができるように入浴、排泄、食事等の介護、その他の生活のお手伝い、機能訓練を行います。それにより、利用者の心身機能の維持、家族の身体的・精神的負担の軽減を図ります。

光の丘(通所介護)

 ご利用できる方は、要支援1~要介護5で、その有する能力に応じ自立した生活を営むことができるよう、必要な生活上のお手伝い及び機能訓練を行います。また、利用者の社会的孤立感の解消、心身機能の維持、利用者の家族の身体的、精神的負担の軽減を図ります。

指定居宅介護支援事業所光の丘

 介護保険制度に基づいて介護認定や更新の代理申請から、介護や生活においてお困りのことなど、ご相談に応じています。また、その方に合ったサービスを一緒に考えケアプラン作成まで介護保険サービス利用のお手伝いをさせて頂きます。

老人介護支援センター光の丘

 越生町在宅の高齢者で、寝たきりや認知症の状態にあり介護を必要とする方やその恐れのある方、またはその家族などに在宅介護等に関する相談など各種保健福祉サービスの利用に関する支援を行います。また、緊急時の夜間、休日等の越生町地域包括支援センターへのつなぎの窓口として、各種相談を受け付けます。

生計困難者に対する相談支援事業

 生計困難者に対する相談支援事業「彩の国あんしんセーフティネット事業」
 埼玉県内の社会福祉法人が協働して実施する、社会貢献活動としての相談支援事業です。生活困窮者からの相談を総合的に行うことによって、利用可能な制度の紹介や支援機関への橋渡しを行うとともに、逼迫した状況にある場合には経済的援助(現物給付)を行い自立を支援いたします。